ホーム » ブログ » 身体の不調は姿勢の悪さや効率の悪い身体の使い方によって起こる

2022.5.13身体の不調は姿勢の悪さや効率の悪い身体の使い方によって起こる

 

皆さん、こんにちは。

 

Up to dateトレーナーの菅原佑馬です。

 

身体の不調は姿勢の悪さや効率の悪い身体の使い方によって起こる

 

現代人の持つ様々な心身に関する不調は、姿勢の悪さや効率の悪い身体の使い方に原因があることが少なくありません。

 

この不良姿勢や非効率な身体の使い方は、ある日突然、姿勢が崩れるわけでも、身体の使い方が悪くなるわけでもありません。

 

そのほとんどは、無意識に行なっている日常動作の中で、知らず知らずのうちに姿勢や動きを変化させているのです。

 

この身体の変化にほとんどの人は、痛みや違和感という身体からの何らかのサインがあるまでなかなか気づけません。

 

この身体が発するサインに対して、マッサージをしたり、外力を加えて骨格を整えたりと、様々な対応がありますが、これらの対応は単に一時しのぎに過ぎないと言えるでしょう。

 

身体の不調の原因が日常の身体の使い方にあるのであれば、日常の身体の使い方を改善することこそが、不調のない快適な生活が送れることにつながるはずです。

 

筋力トレーニングやストレッチは、単に筋肉をつけたり、筋肉を柔らかくしたりするだけのものではありません。

 

筋力トレーニングやストレッチを正しく行うことは、効率の良い、正しい身体の使い方を覚えることにつながります。

 

特に、マッサージや電気、薬での対処しかしたことがなく、自分で身体を動かしていない人には効果が出やすいです。

 

Up to dateでは、現地サービスの他に、出張レッスン、オンラインでのトレーニングやサポートも受けられます。

 

ぜひお気軽にご相談ください。

 Up to date | 大分市のパーソナルトレーニングスタジオ

お問い合わせはこちら

電話受付時間 / 9:00〜22:00