ホーム » ブログ » 年齢に対して複数の視点をもつ

2022.12.23年齢に対して複数の視点をもつ

 

皆さん、こんにちは。

 

Up to dateトレーナーの菅原佑馬です。

 

年齢に対して複数の視点をもつ

 

年齢について、さまざまな考え方があることをみなさんは知っていますか?

 

一般的に、年齢というと、生まれてから現在までの年数である暦年齢が使われています。

 

そして、暦年齢という一つの基準でしか年齢を考えていない方がほとんどではないでしょうか。

 

実際には、肉体がどれくらい若いかを示す生物学的年齢や社会でどのように扱われているかを示す社会的年齢、自分がどのくらい老いている、または、若いと感じているかを示す主観的年齢といった考え方も存在します。

 

年齢の考え方が一つではないことは、「あの人は年齢の割に若く見える」「もうそんな年なんだから、そんなことをしてはいけない」などといった表現からも理解することができます。

 

暦年齢のみの考え方では、全ての人が毎年同じペースで老いていくと考えてしまいます。

 

年齢に対して複数の視点をもつことは、自分自身が取る行動によって、未来を変えられると考えられることにつながります。

 

今あなたがどのような行動を取るかは、あなたの未来と結びついていて、その未来に影響を及ぼすのです。

 

このような考え方ができる人は、未来志向の考え方をして、過ぎてしまった日々よりも、この先に待っている日々に目を向けることができます。

 

そして、未来のために大きな投資をして、新しいスキルを学び、新しい人間関係を築き、健康を維持するために努力をします。

 

人生100年時代といわれる、現代社会では、個人差は時間を重ねるにつれてどんどん広がっていきます。

 

寿命が伸びれば伸びるほど、老い方の個人差はますます大きくなります。

 

100歳を超えても自らの足で歩き、大好きな海外旅行を楽しむ人がいる一方で、まだ40代なのに、退屈で単調な人生を送り、健康状態が悪い人もいる。

 

これからはこんな時代になっていくのです。

 

あなたは、どんな人生を送りたいですか?

 

今の選択、行動が未来の自分に返ってきます。

 

寿命が大きく伸びている現代社会では、それだけ未来の日々が長くなります。

 

未来に得られる恩恵を想像し、未来に好ましい結果が生じる確率を高められる行動を、今すぐに始めてみてはいかがでしょうか。

 Up to date | 大分市のパーソナルトレーニングスタジオ

お問い合わせはこちら

電話受付時間 / 9:00〜22:00