ホーム » ブログ » 知っておきたいスクワットの基本

2022.12.17知っておきたいスクワットの基本

 

皆さん、こんにちは。

 

Up to dateトレーナーの菅原佑馬です。

 

知っておきたいスクワットの基本

 

キングオブエクササイズとも言われるスクワットですが、正しく効果的なフォームでトレーニングできている人はかなり少ないように思います。

 

キングオブエクササイズと言われる理由は、スクワットをすることで、たくさんの成果を手に入れることができるからです。

 

トレーニングの中でも最もポピュラーで、やったことがない人の方が珍しいのではないでしょうか。

 

ただし、多くの成果をあげるためには、成果が出せる正しいやり方を知ることが重要です。

 

怪我なく、成果が出せるスクワットの基本フォームについて解説していきます。

 

スクワットで重要なポイントは、膝のポジションです。

 

つま先より前に膝が出てはいけないなど、耳にしたことがある人が多いでしょう。

 

つま先の真上に膝があるというのが基本になります。

 

しかし、必ずしもつま先の真上に膝がないといけない訳ではありません。

 

膝の位置はあくまで目安として覚えておきましょう。

 

そして、重りを使う場合は、バーベルから垂線を下ろしたところが土踏まずのあたりになり、立っている時も、しゃがんでいる時もそれが変わらないようにします。

 

そうすることで、自然に上体と下腿部が常に平行の状態を維持できるフォームになります。

 

続いて、足先の向きについてです。

 

足先の向きは、スタンスの広さによって変わります。

 

肩幅ぐらいの時は、つま先が平行、または、少し外側を向けましょう。

 

スタンスがワイドになるほど、つま先も外側を向くように行います。

 

膝の位置、重心の位置、つま先の向きについて解説していきました。

 

基本フォームが習得できると、安全で効果が高いトレーニングができるようになります。

 

いきなり負荷を強くするのではなく、正しいフォームを練習して、フォームが崩れない負荷設定でトレーニングに励んでみてください。

 

実際に正しいスクワットができているかどうかを確かめるには、運動指導のプロであるトレーナーにみてもらうことがおすすめです。

 

気になる方は、お問い合わせよりお気軽にご相談ください。

 Up to date | 大分市のパーソナルトレーニングスタジオ

お問い合わせはこちら

電話受付時間 / 9:00〜22:00